家にスズメバチの巣ができてしまったら【駆除にかかる料金を知ろう】/Tattoo Removal

夏になると大量発生する昆虫

スズメバチやアシナガバチは夏になると活発になり色んな場所に巣を作ります。家に作ってしまった場合、駆除できる大きさであれば問題ないですが、大きすぎる巣の場合は無理に自分で駆除しようせず業者を呼んで駆除してもらいましょう。駆除する場合服装に気をつけなければいけません。黒い服と白い服ではどう変わるのでしょうか?比較してみました。

黒い服と白い服の比較

黒い服の場合

ハチは黒色に反応して攻撃をする習性があります。なので黒い服で駆除作業を行うとハチを刺激してしまうので危険です。

白い服の場合

白い服を身につけているとハチの攻撃性は弱くなります。ですが、汗の匂いや香水にも反応するのでできるだけ匂いのしない状態で駆除に臨むのがベストです。

プロに任せるべき

蜂の巣

スズメバチの巣が発見された場合には、素人が手を出してはいけません。その理由の一つは、刺されると非常に危険だからです。庭の軒下や木の上にある黄色スズメバチの巣などを発見した場合には、非常に攻撃性が高いと考えて間違いありません。また、オオスズメバチの巣は、軒下などにはなく土の中や樹木の朽ちた見つけにくい所にあるため見つけにくいだけでなく、毒も強いです。一度刺されると、体に毒が回ってしまい2回目に刺されるとアナフラキシーショックにより痙攣したり意識を失ったりする恐れがあります。結果的に命を落とす可能性も少なくないでしょう。スズメバチは、巣に近づいただけで見張りのハチが飛び出してきてカチカチと音を鳴らします。これは顎をこすり合わせることで出す音ですが、これ以上巣に近づくべきでないとの最後通牒といわれています。それ以上に近づいてしまうと、確実に刺されてしまうでしょう。そのため、巣を見つけても近づかず駆除のプロに任せた方がよいです。

サービスや仕組み

スズメバチの巣の駆除をする場合には、一体どのように料金が決められているのかですが、その仕組みを見ると難易度で決められていることが多いです。例えば、庭先の樹木の上にある場合には、比較的簡単に処理をすることができますので脚立などを使うかもしれませんがそれ以外に特殊な道具を使う必要はないです。しかも、駆除しやすい場所ですのでそれほどお金はかからないでしょう。これに対して、屋根の中に巣がある場合にはなかなか近づくことも容易ではありません。しかも、屋根の中に入り込まなければならず、真っ暗な中で作業することになりますのでライトなどが必要になります。このように、手間がかかる場合には追加料金が発生することもあります。サービス内容としては、可能な限り周りに影響を及ぼさない夕方などの時間帯に作業を行うため、駆除した場合でも安心して暮らすことが可能です。

広告募集中